ttl_about

about_img

About Bio-Touch
Bio-Touch Japanは、医療・看護師を対象としたアートメイク専門校です。
Bio-Touch Inc.は1984年の設立から幅広い知識と経験で、今までに数万人以上に及ぶ技術者を育成し、多くの著名人の施術を行ってきました。
医療の分野でも、私たちの技術と知識は多く活用されています。医療補助のコースの要請を受け、命の再生を手助けするための医療専門の技術者の育成も行っています。
やけど・皮膚線条・白斑・乳ガン・タトゥーの除去など、これらの問題の素晴らしい解決策を提供し、多くの人たちの自信を回復させてきました。
私たちのピグメント(染料)の成分には、FDAの公認の成分を用いています。
2011年には、ヨーロッパの安全基準をクリアした商品も誕生し世界基準となる安全な製品をお届けしています。
そして全ての商品の安全性を高めるため、全て滅菌加工を施しています。
私たちの商品の終始一貫した方針は、アメリカ・ヨーロッパが定める高い品質基準を超えています。
  
*現在、日本国内での承認に向け活動を行っております。
 

world_map

医療従事者がBio-Touch Japanを選ぶ3つの理由
about_rsn_ttl01

Bio-Touch Japanは、米国カリフォルニア州認定のピグメンテーション専門学校の資格を日本で唯一取得する事が出来ます。
パーマネントメイクアップ(アートメイク)・パラメディカルピグメンテーション(医療補助)の基礎から応用まで、その幅広い知識と技術に定評があります。デザイン・色素の選択だけに留まらず、クライアントの表情に合うアートメイクの提案・スキントーンと色素の関係性、カウンセリングやアフターケア等についても指導致します。
また、パラメディカルピグメンテーションでは、乳房再建後の乳輪乳頭へのアプローチ・白斑症や傷痕のカモフラージュ・無毛症の方への3Dアート・スカルプスキンニードルなどの症例を多く持ち、多くの医療現場で支持されるのもBio-Touch への信頼の証です。
Bio-Touchでは着色する事だけに留まらず 、色素の除去方法・デザイン修正など、クライアントの希望に沿える手法も指導致します。
また、ダーマスキンリビジョンでは、ピグメンテーションの除去・ニキビ跡の凹凸・毛穴や角質層を整え、しわ・たるみ・妊娠線などを改善させます。美容外科のメニューとしても多く取り入れられています。
これらを総合的に指導できるのも、多くの医療機関と連携しているBio-Touch Japanだけです。
国内の数多くの大学病院・医療機関へ個別指導から団体レッスンまで細かな希望に添った指導を行っております。

about_rsn_ttl02
about_rsn02_img

Bio-Touch Japan学校長である赤羽根優子は、1997年に日本では行われていなかった欧米式のアートメイク及びパラメディカルピグメンテーションを普及させたパイオニアです。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。
国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。また、数多くの美容メニューを国内に普及させた仕掛人でもあり、国際美容大会ではアートメイク部門の審査委員として活躍しています。
ブラックヘアー/ヘアーエクステンションを日本へ広めニューヨークタイムズをはじめ
多くのメディアから取材を受けています。

about_rsn_ttl03

Bio-Touch Japanのスクーリングの大きな魅力は、卒後サポートにあると言っても過言ではありません。
米国 Bio-Touch Inc. 日本総代理店であり、安全性の高いピグメント(色素)・最新式マシーンなど治療に欠かせない商材の購入サポートが可能です。知識や技術があっても、治療に必要な「安全性の高い」製品が揃わなければ意味がありません。
また、コンプライアンスを重視している為、無資格者への販売は一切行っておりません。高度な技術を要求されるアートメイク及びパラメディカルピグメンテーションは、数多くの経験を積み、様々な症例を必要とします。
Bio-Touch Japanでは、多くの症例を元に、卒後サポートが可能となったのも、受講した医師並びに看護師の活躍と、卒後も連携できる協力体制が確立されているからです。卒後、フォローアップ講習も行っており、日本全国から医師・看護師が来校しています。困難な症例やトラブル回避の提案が行えるのも、医療現場で活躍しているインストラクターが揃うBio-Touch Japanだからです。