ttl_info

BioTouch ピグメント(色素) Pure シリーズの安全性について・・・・
BioTouch ピグメント(色素) Pure シリーズの安全性について・・・・ 色素顔料にはorganicとinorganicの物質があります。近年の健康ブームでorganic=安全、健康的という、間違ったイメージが付いてしまいました。Organicとは植物由来というわけではなく、有機物(炭素を含む物質)を示します。
Organicな色素は、発色が良いのが特徴で、鮮やかな色彩を求める際に用いられます。しかし、アレルギーを起こしやすいという一面があります。アートメイクで最もアレルギーの報告が多い部位は鮮やかな色の求められる口唇です。 Inorganicつまり無機物の顔料は主に金属化合物です。無機物で鮮やかな色を出すため、カドミウム、水銀、鉛、アルミニウムなど重金属化合物が用いられていましたが、健康被害も報告されているため、推奨されません。 BioTouchの顔料は、主に酸化鉄(黒、赤、黄)と二酸化チタン(白)です。これらは化粧品としても一般的に用いられているもので、安全性の高い物質です。そして原材料にはアメリカFDA・CEヨーロッパの高い安全基準をクリアしています。 Pureシリーズをご使用の医療機関様へは、SMDS・certificate compilation等の安全性データをご提示させて頂いております。
はもり皮膚科 吉田医師 アートメイクコース講習1日目 in 大阪校
本日は大阪校へ、はもり皮膚科の吉田医師がアートメイクコース1日目にお越し頂きました。 基礎練習からスタート!モニター講習に向けて、宿題が沢山ありますが頑張って下さい! そして、その隣で黙々と専属看護師の今井さんが練習に励んでいます!毎日の積み重ねが大切ですね!!
BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカルピグメンテーション(色素形成による医療補助)技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。講習後も専門スタッフが万全な卒後サポートで皆様のお手伝いを致します。
 
RIKAクリニック アートメイク・パラメディカルピグメンテーション モニター講習
本日は新潟のRIKAクリニック様へアートメイク・パラメディカルピグメンテーションの講習へお伺いしております。医師1名+看護師2名が技術取得されました! モニター講習も終わり、いよいよアートメイク・パラメディカルの診療スタートですね。 医療アートメイクをはじめ、乳輪乳頭・白斑・傷痕・スカルプスキン(頭髪)等多くの患者様がこの素晴らしい技術を体験して下さるよう頑張って下さい!! 私たちも全力でサポートさせて頂きたいと思います。必ず卒後サポート講習へ参加し、スキルアップを図って下さい!
BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカルピグメンテーション(色素形成による医療補助)技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。講習後も専門スタッフが万全な卒後サポートで皆様のお手伝いを致します。
 
第1回医療アートメイク学会へ企業出展
本日、第1回医療アートメイク学会へ企業出展させて頂きました。医療アートメイクの発展のために多くの医療従事者の方が集結され様々な情報の場が設けられました。 BioTouch Japanでは、アートメイクの正しい技術及び知識を習得頂くための教育プログラムと製品の安全性をお伝えさせて頂きました。 その中で、『色素の安全性』『修正術・除去術』『安全性の高い痛み止め』についてのお悩み・ご質問が多くございました。
今回、ご参加頂けていない方も多くいらっしゃると思いますのでご質問の多かった事項につきまして、詳しいご説明を連載させて頂きたいと思います。 その他、ご質問やご不安な点がございましたら、お気軽に事務局までお問い合わせ下さいませ。
『BioTouchのアートメイク・リップ』
『BioTouchのアートメイク・リップ』 アートメイクは、様々な手技を組み合わせる事により自由自在にデザインすることが出来ます。今回は、BioTouchの基本的なリップライン〜フルリップの技術をご紹介致します。 ★下記の画像は技術練習時に使用される専用ゴムシートに、デジタルマシーン・針・色素を使用し染色しています。