ttl_info

アートメイク☆色素の選び方~横浜校 LUNA編~
看護師の鈴木です。


アートメイクをする際に、気になる事の一つとして「色合い」があるのではないでしょうか。

アイラインだと、漆黒で経年変化で青くならない色
リップラインなら、自然な明るさで唇に馴染む色

それでは、眉は?

顔のパーツで気になる部位でもあり、色合いで雰囲気が大きく変わる眉は色素の選択が重要なポイントの一つとなります。


では、どのようにして色素を選ぶのかと申しますと・・・

① 患者さんのお肌の色
② 患者さんのヘア(髪の毛)のカラー
③ 普段、使っているアイブロウのカラー
④ 眉デザインの大きさ
⑤ 経年変化を考えて、1年後の色合いがどうか

などなど、総合的に判断しご提案しています。

お肌の色は、色素の発色に大きく左右するため慎重に見ていきます。
単色だけでなく、色素をブレンドして最善のお色味も作ります。

ヘアカラーと眉の色も大きなポイントとなります。
ヘアカラーが明るい色だから、眉も明るい色味を・・・
と、考えがちですが、眉の色まで明るくすると、顔がぼやけて見える場合もあります。
若干、ヘアカラーより濃いめの色素ですと、顔立ちがはっきりしてハツラツとした表情になります。

普段のメイクで使っているアイブロウ(眉墨)の色は、患者さんのお好みの色でもあり、見慣れた色は違和感がないので、非常に参考になります。

眉デザインによってもご提案する色素の色は変わってきます。
太くてしっかりした眉デザインをご希望の方には、薄めの優しいお色味を
細く小さ目の眉デザインをご希望の方には、アイブロウのメイクでいくらでも変化がつきやすいように、メイクのガイドラインになるような色合いをご提案。

経年変化については、色素の特徴によって変わってきますので、カウンセリングでお話しております。

では、肌色でどの程度、色素の発色が違うかと申しますと、写真をご覧ください。

t02200124_0800045013570555190

色白の肌と、小麦色の肌色では同じ色素でもこれほど発色に差が出ます。
色素は同じものを同じ順番に並べています。

色白のお肌では、どの色素でも発色に大きな差はないのですが、小麦色の肌になると、淡い色素の発色は弱くなり、ダーク系の色素は濃く発色しているのがわかるでしょうか。

このように、皮膚の色にも左右されるため、色素の選択は実際に患者さんのお肌でシュミレーションした上でご提案しています。

ただ、見慣れた色も大切なので、普段使っているアイブロウ(眉墨)の色も参考にさせて頂いてます。

アートメイクする際、眉色にご不安がある方は、普段、お使いになっている眉墨をお持ちください。


さて、色素も気になりますが、アートメイクの痛みも気になりますよね?

BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカル技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。スクーリングについて詳しい資料をご希望の方はこちらへ! #アートメイク #資格 #スクール #医師対象 #看護師対象 #出張講習 #医療機関 #メディカルタトゥ #パラメディカルピグメンテーション #パーマネントメイクアップ #除去 #修正 #カラーチェンジ #眉 #アイライン #リップライン #乳輪 #傷痕 #白班 #カモフラージュ #スカルプスキン #安全 #安心 #アメリカFDA #CEヨーロッパ #マシーン #ピグメント #バイオタッチ #BioTouch #日本 #東京 #横浜 #大阪 #ハワイ  
アートメイクの痛みについて~横浜校 LUNA編~
看護師の鈴木です。


今日は、アートメイクの痛みについてご案内いたします。

「アートメイクって、興味があるけど痛そう!」
「麻酔はどんな麻酔を使うのかしら?」
「ああ、痛そうだから不安で仕方ない」

そう思われる方も少なくありません。

実際、無麻酔でアートメイクなんて・・とてもじゃないですが無理です。

ご安心ください、当院では痛みを最小限に抑えるように高濃度麻酔クリームをしっかりと浸透させて施術をいたします。

施術の最中に痛みを感じた場合は、麻酔を追加していますので、お気軽にお申し付けください。


では、施術中に感じる痛みの程度は?
と、申しますと、個人差が大きいので一概に言えないのですが、私個人の場合ですと

アイラインの場合

☆痛みはないけど、まつ毛の付け根を触られている感じでくすぐったい感じ。
痛みが出てきたら、すぐに麻酔クリームを追加してもらっています。

眉の場合

☆爪楊枝で眉をなぞられている感じで、私は毎回、寝てしまいます。
(あくまでも私の場合です)

リップラインの場合

☆リップラインは通常より長めに麻酔の浸透時間をおいてもらいます。
他の部位に比べ、痛みは感じやすいので、チリチリとした感じはしますが我慢できないほどではありません。

フルリップの場合
☆範囲が広くなるので、麻酔注射を打ってもらい施術してもらうので、痛みは感じません。


また、施術後に冷やすことで痛みも最小限に抑えることが出来ます。


フルリップの麻酔注射は、施術料のほかに3240円(税込)となりますが、麻酔クリームの麻酔料は施術費用に含まれておりますので、追加麻酔もお気軽にお申し付けください。

痛みの感じ方は人それぞれ・・・
個人差の大きな感覚となりますが、ご参考になれば幸いです。     スクリーンショット 2016-06-09 1.13.32

BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカル技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。スクーリングについて詳しい資料をご希望の方はこちらへ!

#アートメイク #資格 #スクール #医師対象 #看護師対象 #出張講習 #医療機関 #メディカルタトゥ #パラメディカルピグメンテーション #パーマネントメイクアップ #除去 #修正 #カラーチェンジ #眉 #アイライン #リップライン #乳輪 #傷痕 #白班 #カモフラージュ #スカルプスキン #安全 #安心 #アメリカFDA #CEヨーロッパ #マシーン #ピグメント #バイオタッチ #BioTouch #日本 #東京 #横浜 #大阪 #ハワイ

アートメイク直後の色素発色と、その変化について~横浜校 LUNA編~
看護師の鈴木です。


アートメイクを何度かなさっている方は、よく御存じだと思いますが、改めてご案内させて頂きたいのが、アートメイク直後の色素発色と、その変化について・・・


当院では、施術前のカウンセリングで

施術直後の色素の発色
施術後、1週間の発色
施術後、1ヵ月の発色

この度合いを実際に患者さんのお肌でシュミレーションをして
見ていただきながら、説明をしています。


アートメイクやパラメディカル・ピグメンテーションでは、施術直後の発色が一番強くなります。

皮膚の薄い層へ使い捨ての専用針で傷を付けながら、色素を入れていくのでかさぶたと共に浮いて取れる色素も発色しているからです。

では、どのように変化していくのか?
と、申しますと、恥ずかしながら私の眉で経過をご案内いたします。


こちらが施術前の眉(シミが多いですね・・・すみません)
t02200081_0800029313570499923  

私の場合、肌の色が浅黒いので、色素の選択をする際にやや暗めのブラウンにしました。
髪の毛の色合いや肌の色味、また好みによって色素を選びますが、そのことについては今後、「色素の選び方」でご案内いたします。


そして、こちらの写真が施術当日の写真になります。
t02200091_0800033113570499924


キリリとしたしっかり眉毛です!
素顔でこの眉毛だと濃すぎるような気もする感じですね。

この眉毛ですが、1週間ほどで自然とかさぶたが取れるまで優しく顔を洗います。
無理にかさぶたを取ると、色素まで取れるケースもあるのでじっくりと待ちます。

1週間ほどしてかさぶたがとれたあとも、こすったり掻いたりすると色素が抜けやすくなるので、アートメイクした部位は優しく優しく扱います。


更に、2週間経過した眉毛がこちら
t02200085_0800031013570499922

自然と肌色に馴染んでキリリ太眉からナチュラルだけど、素顔でも寝ぼけた感じがしない眉毛になりました。


このように色素は定着と共に発色が変化していきます。


また、色素によって経年変化が違ってきます。
このお話についても、「色素の選び方」でご案内いたします。


施術直後の色合いと、施術後の変化いかがだったでしょうか?
気になることやご不明なことは、なんでもご相談くださいませ。

#医療機関 #安全 #安心 #アメリカFDA #CEヨーロッパ #アートメイク #タトゥ #パラメディカルピグメンテーション #パーマネントメイクアップ #除去 #修正 #カラーチェンジ #眉 #アイライン #リップライン #乳輪 #傷痕 #白班 #カモフラージュ #スカルプスキン #バイオタッチ #スクール #日本 #ハワイ #Bio-Touch
アートメイクの眉で素顔も生き生きと~横浜校 LUNA編~
Bio-Touchi Japan横浜校 看護師の鈴木です。


先日、私の友人が眉のアートメイクのため、ご来院してくださいました。

彼女は、お化粧映えのするお顔立ちですが、素顔の眉毛が薄く気になさっていたので、アートメイクを勧めました。


施術前の眉毛
t02200084_0800030613570359180


写真のように、自眉毛は全体的に薄く小さく、部分的に欠損している場所もあります。

このような眉の方は非常に多く、毎朝のメイクでアイブロウは苦労するパーツのひとつでもあります。


☆はじめてアートメイクを施す際にご案内している事☆

ベルいきなりアイブロウメイクをしたような太さや長さにはせず、素顔で違和感のないデザイン
ベル色素の定着度合いは個人差が大きいので、2度目、3度目で仕上げて色合いや形を整えるていきます
ベルアートメイク直後は、色素が強く発色しますが、かさぶたが取れる1週間後には色味も落ち着き、1ヵ月後にはナチュラルなお色味に変化していきます
ベル大きさや長さも、施術直後より一回り小さくなり、自然になじみます
ベル抜け具合の様子を見ながら、リタッチで整えていくのがベスト


最初は
「あれ?物足りないかな?」
ぐらいが丁度よいのです。

がっちり決まるのも良いのですが、形や色味を変えたいとき「抜く」のは大変なのです。

足りないところや色味を足して仕上げていくのがセオリーです。

あとは、素顔で違和感がなく、すっぴんでも生き生きとした表情になるような自然な仕上がりが良いと思います。


施術直後はこんな仕上がりです

t02200077_0800028113570359179

色素が強く発色していますが、1ヵ月後には自然に馴染んでいくのでご安心ください。

はじめてのアートメイクは、期待の反面、不安な事もたくさんあると思います。
いつでもお気軽にご相談くださいませ。   BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカル技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。スクーリングについて詳しい資料をご希望の方はこちらへ! #アートメイク #資格 #スクール #医師対象 #看護師対象 #出張講習 #医療機関 #メディカルタトゥ #パラメディカルピグメンテーション #パーマネントメイクアップ #除去 #修正 #カラーチェンジ #眉 #アイライン #リップライン #乳輪 #傷痕 #白班 #カモフラージュ #スカルプスキン #安全 #安心 #アメリカFDA #CEヨーロッパ #マシーン #ピグメント #バイオタッチ #BioTouch #日本 #東京 #横浜 #大阪 #ハワイ  
乳房再建保険適用について
乳癌後の乳房再建保険適用について
乳癌の治療後の乳房再建術が一部健康保険が適用となりました。
現在、形成外科で取りあつかう健康保険が適用されるのは、乳房再建術、乳輪乳頭再建術です。
豊胸術、下垂乳房、下垂乳頭、乳房縮小術などは健康保険の適用外で自由診療となります。
乳房再建術
自家組織移植(皮弁移植術) (保険診療)
失った乳房を自分のからだの組織(自家組織)を用いて再建する方法です。移植する場所は、「お腹」や「背中」を主に用いるのが一般的です。
メリット
・自分の組織なので安心出来る
・自然な形を再現する事が出来る
・人口に比べて動きのある乳房を作る事が出来、仰向きになっても不自然な形にならない。
・一度手術を受けたら、メインテナンス不要(年齢と共に垂れてくる)
・健康保険が適用
デメリット
・手術時間、入院が長い
・比較的長い傷跡が残りやすい
・認定施設でしか治療が受けられない
・移植したものが腐ってしまったり、生着しなかったりすることがある。
・移植した組織と色合いに差が出ることがある
手術が大変でも、自分の組織にこだわり、綺麗な仕上がりを希望する人に適した方法と言えます。
自家組織での再建方法には遊離皮弁移植(血管吻合を必要なもの)と有茎皮弁移植(血管吻合を必要としないもの)に分かれます。
お腹の組織移植する場合は遊離皮弁移植、背中の組織を移植する場は有茎皮弁移植となります。
健康保険が適用され3割負担の場合30-60万円となります。高額医療費の払い戻し制度を申請すると、実質負担額は8~10万円程度となります。
妊娠を考えている方は、お腹の組織を用いた手術が出来ません。背中の組織を使用する方法や人工物での再建となります。
人工物による乳房再建術 (保険診療)
失った乳房を、人工物を用いて再建する方法です。比較的手軽に乳房を再建したい人には良い方法です。健康保険の適用があります。
メリット
・患部以外の傷痕が残らない
・手術時間や入院期間は比較的短い
・健康保険が適用
デメリット
・2回以上の手術が必要
・1回目の手術後、組織拡張のため何度も通院が必要
・自家組織と違い形が不自然
・長期的な安全性は不明な点もあり入れ替えの可能性も出てくる
・年齢に伴い垂れてくる形が出ないため年数が経つと左右差が出てくる
・感染のリスクがある
・放射線治療を受けた方や受ける予定の方は合併症のリスクが高くなる
ティッシュエキスパンダー(組織拡張器)で膨らませた後に自家組織移植に切り替えることもできます。また色の差は無くなり綺麗な仕上がりになります。
健康保険が適用され3割負担方で、ティッシュエキスパンダー挿入術の場合10-20万円程、シリコンインプラント挿入術の場合は30万円程となります。高額医療費の払い戻し制度を申請すると、実質負 担額は8~10万円程度となります。
自家脂肪注入による乳房再建術(自由診療)
自家組織である自分の脂肪を脂肪吸引し、患側の失った乳房に注入していき乳房の膨らみを作ります。複数回の脂肪吸引と脂肪注入を繰り返して乳房を再建します。
メリット
・手軽な方法で自家組織での乳房再建が出来る
・気になる部分の脂肪を減らすことができる
デメリット
・大きな乳房の再建が出来ない
・痩せている人は、採取する脂肪が少ないため出来ない
・注入した脂肪が再発検査時、再発との見分けが難しい
・複数回の手術が必要で注入脂肪はある程度吸収されるために定着しないこともある
・健康保険が適用されず、自由診療となる
生着率を上げるため、注入脂肪の注入前処理、注入法、術後安静が必要。
注入部分の前処理としてBrava®(体外式組織拡張期)などを用いて移植部位の膨らみが出るようにします。
乳輪乳頭再建術
乳癌の手術で乳輪・乳頭も切除した場合は、乳房再建から半年
以上経過してから、乳輪乳頭の再建を行うことができます。自家組織による乳輪乳頭再建術は健康保険の適用となります。
⚫️乳頭の再建
1.反対側の乳頭を移植する方法 (保険診療)
切除していない側の乳頭の大きさが十分な場合、乳頭を一部切除して、切除して失われた側の乳頭に移植します。
メリット
・色合いが左右そろうので仕上がりが自然。
・自家組織という安心感
健康保険が適用される。(手術費用は3万円前後)
デメリット
・正常な乳頭に傷がつく(今後授乳を考えている場合は出来ない)
・低い確率ですが脱落する可能性もある
・乳頭が大きい人でないと出来ない
2.局所皮弁によって乳頭を作る方法 (保険診療)
患側の乳頭周囲の皮膚を切開して持ち挙げ折りたたんで乳頭の膨らみを作ります。正常な片方の乳頭が小さい時や、今後授乳を考えている場合は出来ません
メリット
・正常な乳頭だけで乳頭が再建できる。(今後授乳を考えている場合でも正常な乳頭を傷つけずに手術ができる)
・自家組織という安心感
正常な乳頭が小さい人でも出来る
デメリット
・乳房の皮膚で作る乳頭なので、従来の乳頭の色ではない。(再建後に、パラメディカルピグメンテーション(医療用タトゥー) などで色素を入れるなどの施術が必要。
⚫️乳輪の再建
1.皮膚移植による乳輪を作る方法 (保険診療)
大腿の内側や外陰唇の部の比較的色素沈着を持つ皮膚を採取して患側の乳輪部分に移植します。
メリット
・生着すると手入れが要らない
・健康保険が適用。(手術費用は3万円前後)
デメリット
・皮膚の採取部位に傷が残る
・移植組織の色合いが健側と異なる場合がある
・再建乳輪と乳房の皮膚の境界がはっきりし過ぎる可能性がある
2.パラメディカルピグメンテーション(医療用タトゥー) (自由診療)
特殊な方法で傷をつけそこから乳輪を着色することで再建を行う方法です。
また、乳頭がなくてもあるように色で入れる事(3D技術)が可能です。
メリット
・比較的手軽に受けることができる
・乳輪と乳房皮膚との移行部のぼやけ具合が表現しやすい
・年齢とともに乳輪色素が薄くなる色変化にも対応出来自然である。
デメリット
・何年か経つと色褪せ左右差が出ることがあり追加が必要となる事がある
・健康保険が適用されない
Bio-Touch Japanでは、乳房再建が全て保険適用になるよう働きかけを行っております。
それまでは、乳輪・乳頭カモフラージュについては自費となります。東京本校である渋谷の森クリニック、横浜校のLUNAメディカルビューティーセンター、新橋いけだクリニックのカウンセリングは、無料ですのでまずはそちらからご相談頂ければと思います。
BioTouch Japanでは、医療従事者(医師・看護師・准看護師)のためのアートメイク・パラメディカル技術資格習得のためのスクールを開催しております。日本国内はもとより世界40か国のネットワークで常に最新の情報を提供しています。国内外においてアートメイクの正しい普及のため、医師並びに看護師をインストラクターに育て上げ、コンプライアンス重視の姿勢で指導に当っております。スクーリングについて詳しい資料をご希望の方はこちらへ! #アートメイク #資格 #スクール #医師対象 #看護師対象 #出張講習 #医療機関 #メディカルタトゥ #パラメディカルピグメンテーション #パーマネントメイクアップ #除去 #修正 #カラーチェンジ #眉 #アイライン #リップライン #乳輪 #傷痕 #白班 #カモフラージュ #スカルプスキン #安全 #安心 #アメリカFDA #CEヨーロッパ #マシーン #ピグメント #バイオタッチ #BioTouch #日本 #東京 #横浜 #大阪 #ハワイ