JASS 美容医療ハンズオンフォーラム企業出展

JASS 美容医療ハンズオンフォーラムへ企業出展させて頂きました。
医療アートメイクと技術取得の大切さについてスピーチさせて頂きました。

「医療アートメイク」に求められる安全で確かな技術:

医療アートメイクは、針を刺す方向や深さが少し違うだけでも、結果は大きく違ってくる高度なテクニックが求められ、技術者によって差が出やすいものです。
技術習得とカラー理論・デザイニングが大きな軸になりますが、適応部位の皮膚や形状にも精通した上で、「どこに、どんな色素をブレンドし、どんな深さ、どんな入れ方で施すべきか?」を見極める確かな審美眼も必要となります。

奥が深い『医療アートメイク』の技術:

針先に色素をのせて皮膚に定着させる」ことは、メスを使う繊細な医療技術に比較すると塗り絵感覚で捉えられてしまうかもしれません。
しかし、医療アートメイクの技術は、医学的なスキルや絵心があっても見よう見まねの感覚だけで出来る単純なものではありません。
どんな基礎知識が必要なのか??

1)道具の選び方と使い方
マシーン彫と手彫りの2種類の道具があります。
針の種類(丸針・平針・針の本数)や形状は施術内容や部位、患者様の皮膚の状況を判断し選定します。
2)色素の適切な選び方と調合
色素は、患者様の希望する色を様々な方面から想定する必要があります。
患者様の皮膚のスキントーンと色素の関係を熟知した上で発色・定着・退色の想定しながら色を選んでいきます。
3)カウンセリング力
デザインにおけるインフォームドコンセント
4)デザイン力
適応別デザイン ・経時におけるデザイン(痂皮形成と痂皮落屑後の収縮)
5)技術
・直線 ・曲線 ・塗りつぶし ・点状 ・線状 ・ストローク などの基本テクニック
・グラデーション・3Dなどのカモフラージュテクニック
・肌質や体質・適応別テクニック(針の深さ・角度・速度)
・色素の滲みや拡散を回避するためのテクニック
・退色したカラーの補整技術や色を消すための除去技術 等

この様な様々な知識と技術を身に付ける必要があります。
Bio-Touch Japanでは、医療アートメイクで必要とされる全ての事を習得頂く事が出来ます。
常にスキルアップの出来る卒後サポートシステムも充実しており、こだわりのある多くの医療従事者に選ばれております!

現在、医師・看護師100名を超える卒業生が技術習得をされ活躍されております。
私たちの製品は、日本国内の150を超える医療機関で導入され製品の安全性について様々な学会で発表されております。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、座ってる(複数の人)、テーブル、室内 画像に含まれている可能性があるもの:1人以上
2017-03-12 | Posted in 学会発表・出展情報No Comments » 

関連記事